コード進行表


ここでは僕が思いつくよく使われると思うコード進行を何十種類か紹介します。
ぜひ、今後の曲作りに活用してみて下さい。

C→F→G→C

C→Dm→G→C

C→G7→F→G7

F→C→G→C

Am→Dm→E7→Am

Am→Dm→Em7→Am

C→Dm→Em→F

Dm→G7→C→F

C→G→Am→Em

Dm→E7→Am

Am→F→Dm→E7

Am→G→F→E7

Am→C→Dm→E7

C→B♭→F→C

C→F→B♭→G7

A→C→D→F

C→E→F→G7

A→G→F→E7

C→Fm→C

C→F→Fm→C

C→Csus4→C→Csus4

C→C7→F→G7

C→D7→G7→C

C→E7→Am7→C7

C→Am7→Dm7→G7

C→Em7→F→G7

F→G7→Em7→Am7

C→A7→Dm7→G7

C→Am→F→G7

F→Em7→Dm7→C

Dm→Em→F→G

Em7→Am→Dm7→G

Em7→F→G→Am

F→E7→Am7

C→F→Bm7→Am

Am→G→F→G

このほかにもたくさんあるんですがキリがないのでこれくらいにしておきます。
コード進行というものはそのコード進行の一部分を変えるだけで何十種類もつくる事ができます。
(例えばC→F→G7というコード進行を一部分だけ変えてC→Fm→G7にするなど。)
このような方法を使って自分でコード進行をつくってみてもいいと思います。

一番、理想的なのはコード進行が乗っている本を本屋さんで購入してしまう事です。
1000円くらいで売っているので興味がある人は買ってみてはいかがでしょう?また、ネットで検索してみる
事でもさまざまなコード進行の情報がつかめます。

次へ行く
トップページへ